釣りアイテム

【シマノ2021モデル】 スピニングリールまとめ

シマノのリールで2021年にモデルチェンジがされたものをまとめました。
(一部まとめから除外している機種もあります)

【シマノ リール】 現在のモデル 2021新モデル 変更点(…etc) 2021新モデル価格帯
ステラ 2018年モデル
ヴァンキッシュ 2019年モデル
ツインパワー 2020年モデル
ツインパワーSW 2015年モデル 【2021 NEW】
21ツインパワーSW
【巻き心地UP】
インフィニティドライブ
【防水性能UP】
Xプロテクト
Xシールド
52,900円

72,300円
ツインパワーXD 2017年モデル 【2021 NEW】
21ツインパワーXD
【大幅軽量化】
45g軽量化(4000番手)
【スプール幅UP】
ロングストロークスプール
【巻き心地UP】
NEWマグナムライトローター
47,000円

48,500円
サスティン 2017年モデル
ストラディック 2019年モデル
アルテグラ 2017年モデル 【2021 NEW】
21アルテグラ
【巻き心地UP】
マイクロモジュールギアⅡ
サイレントドライブ
【軽量化と剛性UP】
ボディ素材:CI4+
16,300円

20,500円
ナスキー 2016年モデル
サハラ 2017年モデル

2021モデルチェンジした機種

2021年モデルチェンジをしたリールは主に以下の3つです。
(その他にもモデルチェンジした機種有)

21ツインパワーSW

特徴は負荷がかかった状態でも、軽く巻ける、巻きの軽さと強さです。

この特徴はインフィニティドライブという機能を搭載によって実現しています。
によってルアーアクション時に牧が軽い。オフショアのキャスティング

この巻きの軽さと強さがどう釣りに影響してくるかというと

足場が不安定な磯場での大物釣り、ショアジギングやロックフィッシュ、泳がせ釣り、
オフショアでのマグロ・ヒラマサキャスティングなどパワー勝負が必要な時に有効です

特にヒラマサはルアーを食らうと根に猛突進する習性があります。いち早く引き離さないと根ずれを起こしラインが切れてしまうのです。

磯場やテトラポットなど周囲の状況が険しく、ラインが擦れる可能性がある場所で
ランディングまで、あともう少しという時
大物のラストランによってラインを切られてしまうことは珍しくないと思います。

そんな時に、21ツインパワーSWの性能があれば、
大物とのやりとりを優位にすることができます

また、番手が大きなものだけですが、ヒートシンクドラグを搭載しており、
熱ダレによってドラグ性能が悪化することを防いでくれます。

防水性能もXプロテクト搭載によって向上しており、
過酷な環境な釣り場での潮被りによるリールの劣化を防いでくれます。

21ツインパワーXD

マグナムライトローターにより大幅な軽量化をしています。

その軽さによって巻き感度の向上、当たりがとりやすい、しゃくりやすい、など
繊細な釣りが可能になります。

ロングストロークスプールによって
今まで届かなかったところの飛距離アップライントラブルの軽減につながっています。

ツインパワーXDは、
磯でのヒラスズキ、サーフゲームでのランガンに向いているリールです。
投げ続ける、しゃくり続ける際に軽量化の良さが効いてきます。

さらにスプールエッジがSWバリアコートを採用しており
スプールエッジに傷が付きづらい仕組みになっています。

スプールエッジの傷は致命的で、スプールエッジの傷にラインが触れることで、
ラインに傷がつきラインブレイクの原因になります。
今回はそのスプールエッジをコーティングすることで傷の発生を防いでくれます。

このSWバリアコートは、最上位モデルの20ステラSWのみに採用されているもので
それ以外のモデルではこの21ツインパワーXDが初になります。

どれくらい傷つかないかというと、ヤスリで削っても傷がつきません
(Youtubeに実験している方がいたので見てみてください)

このSWバリアコートも磯場で歩き回り、傷つく可能性のある、
ヒラスズキに向いている理由のひとつです。

21アルテグラ

現状シマノのコスパ最強機種です。

釣りを始める人、低価格でコスパを求める人はこのリールをおすすめします。

この価格帯で、上位機種で採用されている性能が盛り込まれており、話題になっています。

まずはCi4+化により軽量化されています。

さらに、上位機種の19ストラディックで話題となった

マイクロモジュールギアⅡ

サイレントドライブ

採用により、滑らかな巻きを可能にし、リールのガタツキを抑えています。

また、ワンピースベール採用で、ラインがベールと干渉しにくくなり、
細いラインを使っている際に、ベールの隙間にラインが挟まりラインが切れてしまう。
といったようなトラブルを防いでくれます。

その他、下位機種とは思えない多くの性能が盛り込まれています。

Xプロテクトで防水性能向上

ロングスプールで飛距離アップとライントラブル軽減

などなど、です。

下位~中位モデルでコスパ重視のリールを購入するなら
21アルテグラで間違いないでしょう